ママ活地域別

沖縄でママ活したい!募集に最適なサイト・アプリ掲示板は?相場・デートスポット・ホテルを解説

  • 沖縄でママ活したい
  • ママ活としてどんな方法が最適なのか知りたい
  • ママ活に最適なサイト・アプリを知りたい
  • 沖縄ママ活に最適な場所を知りたい

この記事では上記のように考えている方向けの情報を掲載しています。

沖縄でのママ活の相場、最適な方法、沖縄でママ活をする上でデート・ホテル情報を確認できますので参考にしてみてください。

沖縄のママ活状況【沖縄ママの特徴・相場】

沖縄ママの特徴

沖縄ママの特徴は暖かい気候の為か、明るくおおらかな人が多い傾向で、ママ活に関しても積極性を見せる人が多いといえます。
それから些細なことは気にせず、食事やデートも心から楽しむ性格の人が多い傾向が見られます。

恋愛に関しても積極的で男性にもそれを求める人が珍しくないことから、沖縄でママ活をしたい男性は積極的な姿勢で沖縄ママと接する必要があるでしょう。
ちなみに、恋愛や結婚は寛容なのが沖縄ママの特徴で、浮気が発生しても新しい恋に積極的になれるからか、離婚率が高くても幸せに感じてる人は少なくないようです。

余談ですが、沖縄の男性は割とオープンな性格ながらも恋愛にはあまり積極的ではなく、女性にリードされる人の割合が多いです。
その為、沖縄ママは沖縄の男性任せではいけないと、働きに出て稼ごうとします。

つまり沖縄ママの多くは自分で稼げるスキルを持っており、趣味やママ活に使えるお金を持っていることを意味します。
案外、独立してビジネスで稼いでいる人もいますから、男性にとってはかなり報酬に期待できる地域だと思われます。

沖縄のママ活相場

食事のみ

沖縄のママ活相場は5000円が目安ですが、これは平均的で特に多くも少なくもないでしょう。

下は3000円くらいが相場となりますが、短時間だけ食事をした場合の最低ラインの金額です。
やはり会って食事をするなら5000円は欲しいところですし、沖縄ママに3000円といわれたら、相場を提示して5000円前後にならないか交渉をおすすめします。

実はもらっている人はもっともらっていますし、食事1回で10000円に達する男性もいます。
楽しませたり喜ばせることが得意で、ママがまた会いたくなったり何度一緒に食事をしても飽きない男性だけが達成できる金額ですが、それでも現実的に10000円は十分に達成可能です。

まずは5000円からスタートで目指すは10000円、これが沖縄のママ活における食事1回の相場となります。

1日デート

デートは1日ママと一緒だと、最低でも10000円は期待できそうです。
食事が1回5000円からなので、1日デートが10000円は妥当だといえますし、この金額が最低ラインになると考えられます。

必然的に拘束時間が長くなりますから、その日1日はママの為に使う覚悟は必要ですが、しかし1日で10000円を稼げると思えば悪くないです。
ただし、拘束時間が延びれば延びるほど時給換算した場合の金額が安くなってしまうので、1日といってもなるべく時間を決めておいてデートをしたいところです。

予定よりもデートの時間が長くなった時は、延長料金というわけではありませんが、交渉してもう少し出してもらった方が良さそうです。
ママの希望で食事やショッピング、ドライブなどを楽しむことになるので、男性がある程度強気に出て交渉できる余地があるのは当然です。

デートの時間や内容にもよりますが、相手の経済力によっては1日デートが1回20000円、30000円くらいまでは交渉できます。
お泊りをして2日にわたりママと一緒に過ごす場合は、最低額が30000円くらいと見るのが良いでしょう。

一緒に食事をして温泉に入ったり客室でも一緒なわけですから、男性にプライベートな時間は殆どないことになります。
となれば1回30000円はむしろ安いかもしれませんし、交渉によって50000円、内容次第では100000円が妥当な金額です。

食事のみ相場 3千円~1万円
1日デート相場 2万円~
体の関係あり相場 5万円~10万円

沖縄でママ活する場合の出会い方は【①ナンパ②SNS③出会い系アプリサイト】

沖縄でママ活をする場合、どのように出会うかといえばナンパやSNS、出会い系アプリ・サイトといった方法があります。

ナンパ

ナンパは街で女性に声を掛けるだけとシンプルなやり方ですが、直感的なのでコミュニケーション能力の高い男性にとってはかなり成功に期待できる方法となるでしょう。
狙い目は人の多い都心や開放的な気持ちになるリゾート地、人通りが活発な通りなどです。

当然ですが、ママ活をしたい沖縄のママは時間とお金を持て余しているので、暇そうにしていて一緒に食事やデートをしてくれそうな男性を探している女性が声を掛けるのに最適です。

ただし、実は誰かと待ち合わせをしていているだけの可能性もあるので、ナンパをするなら相手がママ活を希望しているか見極めが必要です。
誰彼構わず声を掛ける戦法もありますが、ママ活を前提としたナンパは声を掛けまくれば成功するほど簡単ではないです。

やはりナンパは相応に難しいですし、成功させようと思えば骨が折れることになりそうです。

SNS

SNSは街に出て声を掛ける必要がないので、出会い方として挑戦の難易度は低く、案外あっさりと成功する可能性があります。
例えばtwitterは20代から40代に掛けてのユーザーが多い傾向なので、沖縄でのママ活に適していますし、出会いを求める方法の1つとして検討の価値ありです。

ストレートにママ募集を掲げるやり方もありますが、ママになってくれそうな人にメッセージを送ったり、やり取りをして信頼を獲得するのも1つの方法です。
無料のSNSなら費用を掛けずにママを探せますし、うまくいけば食事代や交通費も出してもらえるデートが実現するでしょう。

ただtwitterのようなSNSは、ユーザーが本物か十分に身分の確認が行われませんから、ママに成りすます男性と遭遇する可能性やリスクに留意すべきです。
中にはママを騙る業者が紛れ込んでいるので、SNSでの出会いには騙されたり引っ掛からないように本当に注意が求められます。

出会い系アプリサイト

出会い系アプリ・サイトは、本人確認書類の提出が利用の条件のサービスであれば、身分の確認も年齢の確認も行われているので安心です。
出会い系というと、どことなく業者やいわゆるサクラのイメージが拭えませんが、老舗ともなれば純粋にユーザー数が多いので、業者やサクラではない出会いに期待できます。

既に出会いを達成している人の割合が84%以上のJメールは、サービスの開始から18年の実績がある出会い系アプリ・サイトの老舗です。
ユーザーは全国にいて沖縄からの利用者も多いですから、地域を絞って効率的にママを探すことができるでしょう。

ママにとっても自分と食事やデートをしてくれる男性を探すのに最適なので、出会い系アプリ・サイトを使って出会いたくなったらJメールがおすすめです。
他にも毎日30万人がログインしているワクワクメール、ユーザー数が2500万人以上と規模が大きい、ハッピーメールあたりも狙い目です。

【1位】ハッピーメール!会員数最多・プロフィール閲覧無料!

ハッピーメール公式 \18歳未満利用不可/

基本情報
オススメ度 5.0
運営会社 (株)アイベック
運営開始 2001年
利用者数 2000万人以上
料金 プロフィール見る:無料 メッセージ送る:5P(50円) ※女性無料
無料ポイント 会員登録・年齢確認で120P(1,200円)

ハッピーメール口コミ

【2位】ワクワクメール!地方のママ探しに最適

ワクワクメール公式 \18歳未満利用不可/

基本情報
オススメ度 4.5
運営会社 (株)ワクワクコミュニケーションズ
運営開始 2001年
利用者数 800万人以上
料金 プロフィール見る:無料 メッセージ送る:5P(50円) ※女性無料
無料ポイント 会員登録で120P(1,200円)

ワクワクメール口コミ

【3位】ミントC!Jメール!若いママを見つけやすい

ミントC!Jメール公式 \18歳未満利用不可/

基本情報
オススメ度 4.5
運営会社 (有)エムアイシー総合企画
運営開始 2000年
利用者数 600万人以上
料金 プロフィール見る:無料 メッセージ送る:5P(50円) ※女性無料
無料ポイント 会員登録で100P(1,000円)

Jメール口コミ・評判

沖縄でママ活する場合のデートスポット5選

浜比嘉島


場所 浜比嘉島
住所 沖縄県うるま市
営業時間
公式サイト
電話

浜比嘉島は本島から離れた場所にあるデートスポットですが、いわゆるパワースポットとして楽しめるところが多くあります。

周りはカップルばかりなので、ママ活をしていることがバレる心配はありませんし、むしろ自然に溶け込んでデートを楽しむことができるでしょう。
晴れた日は海も空も穏やかで、静かに流れる時間を体感できるはずですから、日頃仕事で忙しいママは癒やされてリフレッシュできること間違いなしです。

時間や日常を忘れて特別な価値あるひと時を過ごせますから、沖縄のデートスポットとしておすすめ度が高いです。
レストランがあるので食事には困りませんし、疲れたら好きな場所で休憩できますから、沖縄らしい開放的で自由なデートを楽しみたい時に最適です。

口コミ

青の洞窟


場所 青の洞窟
住所 〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田469−1
営業時間
公式サイト
電話

沖縄といえば海、そしてシュノーケリングデートをするなら沖縄の定番中の定番、青の洞窟です。

青の洞窟は名前の通り青く幻想的な雰囲気が広がる洞窟で、沖縄の海が太陽の光に照らされることによって、シュノーケリングで潜ると視界が全体的に青く見えます。
ダイビングなどの経験がないママにとって、シュノーケリングは一見して怖そうなイメージですが、レクチャーを受けてから挑戦できるので大丈夫です。

怖がりだったり不安を感じやすいママを誘うのであれば、男性は予め自分でシュノーケリングを体験しておき、本番でママをリードするのが良いでしょう。
自信を持って接すればママは安心して自分に接してくれますし、一緒に心からシュノーケリングが楽しめるようになるはずです。

口コミ

沖縄美ら海水族館


場所 沖縄美ら海水族館
住所 〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424
営業時間 8時30分~18時30分
公式サイト https://churaumi.okinawa/
電話 0980-48-3748

沖縄の海を身近に余すことなく感じたいなら、沖縄美ら海水族館がおすすめのデートスポットの1つです。

定番なので意外性はないかもしれませんが、人気や評価が安定していますから、選んでハズレを引いてしまう恐れはないです。
目玉の黒潮の海は世界で最大級の大きさを誇り、眼前に広がる海の世界は圧巻だといえるでしょう。
サメマンタなどが水槽の中とは思えない泳ぎを見せますから、まさに海が目の前に現れたかのような感覚になります。

海が好きなママなら間違いなく喜んでくれますし、恋人のような甘い時間を過ごすことができます。
男性が選んで提案すれば、ママは自分の為に選んでくれたスポットとして嬉しくなります。

口コミ

美浜アメリカンビレッジ


場所 美浜アメリカンビレッジ
住所 〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜
営業時間 10時00分~22時00分
公式サイト http://www.okinawa-americanvillage.com/
電話

美浜アメリカンビレッジは、アメリカの西海岸を再現した街並みが魅力的で、カラフルな建物が並ぶ通りは思わず目を奪われます。

海に目を向ければ開放的な景色が一望できますし、街中では食事をしたりショッピングを楽しむこともできます。
夕暮れ時は美しいビーチがより幻想的に、ママがうっとりするような雰囲気に変わります。

ママ活はやはり雰囲気が大切ですし、男性は恋人を特別な場所に誘うつもりで、魅力的なデートスポットを提案することが大事です。
評判の良い人気の美浜アメリカンビレッジなら自信を持って提案できますし、ママを満足させることができます。

口コミ

壺屋やちむん通り


場所 壺屋やちむん通り
住所 〒902-0065 沖縄県那覇市壺屋1丁目16
営業時間
公式サイト http://www.tsuboya-yachimundori.com/
電話

壺屋やちむん通りは伝統の焼き物が並ぶ場所で、足元に琉球石灰岩が敷き詰められている、沖縄らしいデートスポットです。

視線を上に向ければ赤瓦屋根や石垣、石畳といった歴史を感じさせる景色が広がります。
ゆっくりと歩きながら街を見て回るのに最適で、工房やギャラリーを訪れれば、焼き物を手に取ったり見てママの好みのものに出会えるはずです。

実際に販売を行っている直売店も多いですから、気に入った焼き物はその場で買えます。
思い出に残るお土産にもなるので、ママが気に入った焼き物を見つけたら、男性はお礼を兼ねてプレゼントするのも良いでしょう。

ママにお金を出させるのだけがママ活ではなく、男性が何らかの形で気持ちを表現することこそがママ活で、焼き物を贈るのもその表現方法の1つとなります。

口コミ

沖縄でママ活する場合に最適なホテル5選

沖縄BBQグランピング


場所 沖縄BBQグランピング
住所 〒905-0411 沖縄県国頭郡今帰仁村天底474
営業時間
公式サイト https://www.nap-camp.com/okinawa/13981
電話 098-886-1515

沖縄BBQグランピングは、文字通りグランピングが楽しめる宿泊施設で、気軽にバーベキューやアウトドア気分が味わえます。

ホテルといっても、都心の宿泊施設のようにベッドメイクが行き届いた客室が用意されるわけではありませんが、貸し切りで利用できたりテントで宿泊を楽しめるのは確かです。
開放的なアウトドアのママ活をするのに最適な施設ですし、快適に過ごせるホテルといって差し支えないでしょう。

スタッフがいて何かと対応してくれますし、手ぶらでも利用できるので実はとても便利です。
他の人に邪魔されず、2人だけの時間を過ごしたい場合には向かないかもしれませんが、喧騒から離れた場所でママ活をしたい人におすすめなのは間違いないです。

口コミ

グランピングリゾートヨーカブシ


場所 グランピングリゾートヨーカブシ
住所 〒907-0332 沖縄県石垣市伊原間2−737
営業時間 チェックイン時間: 15:00
チェックアウト時間: 11:00
公式サイト http://yokabushi.jp/
電話 0980-89-2345

グランピングリゾートヨーカブシは、徒歩で1分ほどのところにビーチが広がる場所にあるホテルです。

あたりは木々に囲まれていて雰囲気がありますし、高級ホテルなので設備やおもてなしは申し分なしです。
ママ活に最適でママを心からおもてなしできますから、男性が選んで提案するのにも適している宿泊施設です。

客室は広いので伸び伸びと過ごせますし、簡易的ながらもキッチンがありますから、ママに何か作ってもらったり、ママに手料理を振る舞うのもありでしょう。
バスルームもかなり清潔で便利な設備が揃っているので、リーズナブルな宿泊料金を考えると非常にお得で、満足度の高い結果が得られます。

口コミ

百名伽藍


場所 百名伽藍
住所 〒901-0603 沖縄県南城市玉城百名 山下原 1299-1
営業時間 チェックイン時間: 15:00
チェックアウト時間: 11:00
公式サイト http://www.hyakunagaran.com/
電話 098-949-1011

百名伽藍は高級も高級で、宿泊料金は1泊10万円オーバーと高額ですが、金額が高くても人気があってリピート利用する人もいるくらいです。

人気の理由は客室の外に広がる景色が最高で、この世の楽園とも思えるロケーションにあります。
それとおもてなしの接客がトップクラスのレベルで、レストランの食事の利用だけでも、そのレベルの高さを垣間見ることができるほどです。

ランチに立ち寄るだけでも十分に良さが分かりますし、食事だけの利用もおすすめですが、ママ活をするならやはり宿泊を前提としたいところです。
客室は高級感と清潔感、開放感を併せ持っていますし、露天風呂は貸し切りでこちらも評判に違わないですから、ママを喜ばせるのに最適です。

口コミ

ヒルトン沖縄北谷リゾート


場所 ヒルトン沖縄北谷リゾート
住所 〒904-0115 沖縄県中頭郡北谷町美浜40−1
営業時間 チェックイン時間: 15:00
チェックアウト時間: 12:00
公式サイト https://www.hilton.com/en/hotels/okaochi-hilton-okinawa-chatan-resort/?SEO_id=GMB-APAC-HI-OKAOCHI
電話 098-901-1111

ヒルトン沖縄北谷リゾートといえば、選んでまず間違いなしの安定した宿泊施設で、料金的にも現実的で十分に手が届くホテルです。

スタッフの手が行き届いている客室、窓からの眺めや提供される料理、ビーチやショッピングの利便性に親切丁寧な接客対応と、全体のレベルが高くバランスも良好です。
平均レベルが高いので及第点のホテルとは一線を画しますし、不満が出にくく満足ばかりの思い出が残るはずです。

ママ活はプライバシーが大事ですが、ヒルトンともなればスタッフの口は堅く、利用者の情報が外部に漏れることはまずないです。
スタッフの意識が低い安いホテルだと、スタッフが仕事中にスマホをいじったりSNSを利用したりすることがありますが、ヒルトン沖縄北谷リゾートではあり得ないことなので安心です。

口コミ

ヴィラフロムオキナワコテージ


場所 ヴィラフロムオキナワコテージ
住所 〒904-0401 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真2288−169
営業時間 チェックイン時間: 15:00
チェックアウト時間: 11:00
公式サイト http://villa.from-okinawa.jp/
電話 098-927-1120

ヴィラフロムオキナワコテージはいかにもホテルといった宿泊施設に飽きた、そんなママを誘って利用するのに最適なコテージです。

自然が豊かな環境にあるコテージは魅力的な形や色をしていて、見るだけでもワクワクさせてくれます。
アクセスにはバスが利用できますし、バス停とは徒歩約5分ほどの距離ですから、疲れるほど歩く必要は全くないです。

コテージはWi-Fi完備テレビもあって、キッチンリビングダイニングと一通り揃っているので快適です。
宿泊に困ることは何もないですし、テラスから望める景色は格別ですから、時間を忘れてママ活ができるでしょう。

チェックインやチェックアウトはスムーズですし、食材の持ち込みが可能なので、ママに料理を振る舞いたい男性にとっても選びやすく利用しやすい宿泊施設です。

口コミ

沖縄でママ活する場合の注意点・うまくいくコツ

沖縄でママ活をする場合、注意点といえば悪意のある相手に捕まり騙されてしまわないことが基本です。

残念なことに、善良なママの中に紛れて人を騙そうとする悪い考えの人が潜んでいます。
SNSのように身分の確認が行われないサービスでの出会いは特に、こういう悪意ある人に出会ってしまうリスクが高いので要注意です。

具体的には男性に保証金の名目でお金を支払わせたり、ママ役の女性と男性がグルになってママ活男性を脅す美人局などが挙げられます。
そこまであからさまに犯罪的なケースではなくても、怪しげなサイトに誘導され登録させられたり、本業の人がママ活と称して男性に近づいてくることもあります。

これらの注意点は一部に過ぎませんし、他にも注意すべきケースはあるので、沖縄でママ活をするなら相手をしっかり確認して、信頼できると判断してから会ったり食事をするのが正解です。

ママに問題があるわけではなくても、ママ活は金銭感覚が狂いやすく、また本気で恋をしてしまうケースがあることにも注意が必要です。
基本的にお金を出すのはママなので、男性は自分でお金を使わなくても美味しい食事がいただけたり、普段は泊まることがないようなホテルが利用できます。

しかし、それが当たり前になってしまうと金銭感覚に狂いが生じ、日常生活に支障をきたすことがあるので気をつけたいところです。
それに相手は既婚者のママですから、立場や関係性、距離感の判断を誤らないように注意です。

沖縄でママ活を成功させるコツは、比較的安全性の高い方法でママを探したり、交流を重ねて信頼したり会いたくなったら食事やデートをすることです。
何事にも順序というものがありますし、勢い任せの衝動的な選択や行動は、後悔が残る可能性があると念頭に置いておくべきです。

まずは出会い系アプリやサイトで地域を沖縄に設定、年齢層を20代から40代にして候補をリストアップします。
リストの中から食事やデートでお金を出してくれそうなママが見つかったら、コンタクトを取って脈を判断します。

脈アリだと思われる場合はタイミングを見計らい、食事に誘って反応を見ます。
乗り気なら成功の見込みはかなりあるといえますし、最初の食事がうまくいけば次にデートに繋げられるでしょう。

とにかく男性はママに信用してもらうこと、楽しく一緒に過ごせる男性だと知ってもらうことが大事です。
信用を軽視して強引に近づいてもママは引きますし、いきなりデートから一線を越えた関係を求めれば離れていってしまいます。

ママと食事やデートをする関係であっても、ママは男性に誠意や信用を求めますから、それに応える姿勢が大切で成功の鍵を握ります。
食事やデートでは身だしなみを整える、コミュニケーションの基本中の基本の挨拶から丁寧に、ママを気に掛けながら必要に応じて提案をするなどがポイントとなります。

身だしなみはママに恥を掻かせない為にも重要ですし、挨拶がしっかりできるとママが感じる印象はかなり良いものになります。
ママも女性なので男性が気に掛けると嬉しくなり、提案してもらえれば恋人のような感覚で食事やデートが楽しめるので、だからこそこれらが重要です。

沖縄でのママ活まとめ

  • 沖縄でのママ活には出会い系サイト・アプリが最適
  • 出会い系アプリ・サイトでもママ活しすいものを選ぶ
  • ママの年齢、好みからデートスポット・ホテルを選ぶ

以上を押さえた上で、沖縄でのママ活ライフを楽しんでください。

サイト・アプリは無料登録できるので複数登録してママを見つけやすくするのがオススメです。

特におすすめは以下の3つ⤵